電子タバコの健康被害!安全性は?JPvapor等3種を比較

従来の紙巻きタバコによる副流煙、有害物質などの低減と、健康被害を抑える観点から、近年注目を集めている「電子タバコ」
いち早く全国発売した加熱式電子タバコ、フィリップモリスの「iQOS(アイコス)」はシェアを強め、次いで日本発JTのメビウス・ブランドによる「ploom TEC(プルーム テック)」が追う形となるなか、リキッド式電子タバコ「VAPE(ベイプ)」(※VAPEはブランド名ではなく、リキッド式電子タバコの総称)も、ユーザーが増えています。

電子タバコと言っても違いがあります

電子タバコ

一口に電子タバコと言っても、実は種類があります。
「電気を使ったタバコ=電子タバコ」なのですが、その中で「加熱式電子タバコ」と「リキッド式電子タバコ」があり、それぞれに違う性質を持っているのです。
主な特徴を簡単にまとめました。

加熱式電子タバコ

加熱式タバコは、タバコの葉を電気で加熱することでニコチンを吸収することが出来る電子タバコです。
iQOS(アイコス)やploomTECH(プルームテック)、glo(グロー)などは加熱式電子タバコです。
メーカーによってタールの有無はありますが、ニコチンを含んでいるのが特徴です。
人体に健康を及ぼすのは前提ですが、紙巻きタバコと比較すると有害物質は9割ほど低減されており、健康被害のリスクを下げるため開発されたのが加熱式の電子タバコです。

リキッド式電子タバコ(VAPE)

リキッド式電子タバコは、液体を入れて発生した水蒸気を吸うタイプの電子タバコで、VAPEとはリキッド式タバコの総称です。
メーカーとしてはJPvapor(ジェーピーベポ)やEMILI(エミリ)などがあります。
今特に人気が出始めているのがこちらのリキッド式電子タバコで、日本で取り扱えるリキッドにはタールとニコチンが含まれず、加熱式電子タバコと比較すると、液体の種類やケースの種類が豊富なのも特徴です。
加熱式電子タバコと比較すると、健康被害は少なそうに見えますが、その分リキッドの成分が重要と言えます。

近年見られる電子タバコの健康被害

電子タバコ健康被害

紙巻きタバコと比較すると健康被害が少なく、安全性が高いと言われている電子タバコですが、ここ最近加熱式電子タバコ「iQOS」に対し、スイス・ベルン大学の研究者が独自に調査したところ、直接的に”がんの原因”になる化学物質が、紙巻きタバコよりも多いことが判明したそうです。

国際ニュース通信社「Reuters」(5月26日付)によると、「フィリップモリス」社から販売されている「IQOS」用タバコに「一酸化炭素」、「多環式芳香族炭化水素」、「揮発性有機化合物」といった有害物質が含まれていることが分かったという。分析にあたった研究者らは、「これらの有害物質に安全な最低基準は存在しない」ため、どんなに少量でも人体に有害であるとの見解を示している。【悲報】IQOSは紙巻タバコより「高濃度発がん性物質」を含んでいることが判明!
医学博士のミッチェル・カッツ氏によると、加熱式タバコからも「発がん性物質」が周囲に流出するため、公共の場での利用は非喫煙者の健康も害する恐れがあるという。一部の飲食店などでは、禁煙スペースでのIQOSの使用を認めているが、これは大きな問題となりそうだ。【悲報】IQOSは紙巻タバコより「高濃度発がん性物質」を含んでいることが判明!

米国では過去1年間で、電子タバコによる火傷や呼吸器疾患などの健康被害が増えてもいます。
加熱式の電子タバコは匂いが少なかったリ、火傷の危険性が少ないなどのメリットはあるものの、健康被害に関してはまだまだ安全性が高いとは言い切れないものではないでしょうか。

電子タバコ主要メーカーの健康被害への取り組みは?

健康被害

iQOS(アイコス)/加熱式電子タバコ

iQOS

先程健康被害の話題にものぼったiQOS。
電子タバコといってもニコチンを含むので、実質タバコ扱いのIQOSですが、従来の紙巻きタバコと比較した時、タバコの葉を熱する温度を300度に抑えることで、アンモニアを50%軽減、発がん性物質であるホルムアルデヒドを10%、一酸化炭素を5%軽減させることに成功しています。
人体実証結果がまだ不十分なので、煙より細かい粒子の蒸気になったニコチンが、人体に及ぼす影響については不明な点が多いものの、2500億円にのぼる開発費を、健康被害への軽減や実証作りにかなり割いているとの情報も上がっているので、今後の情報に注目したいところです。

iQOS公式サイト ※閲覧には会員登録が必要です。

ploom TECH(プルーム テック)/加熱式電子タバコ

ploomTECH

ploomTECHは、iQOSと同様に加熱式電子タバコですが、比較して大きく違う点は、カートリッジ内のリキッドを霧化し、タバコ葉が詰まった専用のタバコカプセルに水蒸気を通すところと言えます。
タールが含まれてないことから健康被害が軽減されていると言われていて、また燃焼に伴う煙も発生せず無臭であり、周囲への健康被害も少なくしたほか、従来の紙巻きタバコの煙に含まれる健康懸念物質を約99%低減させた加熱式タバコとして注目されています。

ploom TECH公式サイト ※閲覧には会員登録が必要です。

JPvapor(ジェーピーベポ)/リキッド式電子タバコ

ジェーピーベポ

タールもニコチンも含まないリキッド式電子タバコVAPEにおいて、気になる点といえばリキッドの成分です。
数多くあるVAPEメーカーを比較して、健康被害の観点から調査を行っている「JPvapor(ジェーピーベポ)」に注目してみました。
大抵のVAPEメーカーは、リキッド成分は食品分析センターでの検査で終わりがちなところ、JPvaporは分析・調査の受託会社であるJFEテクノリサーチhttp://www.jfe-tec.co.jp/)と提携して、独自の調査を行い、公式サイトで提示していました。

JPvapor公式サイト

リキッドの安全性について

JPvaporのサイトでは、取り扱っているEリキッドの成分分析が公開されており、身近な食品などで使用されていることや、アレルギー反応の有無などを確認することが出来ます。

また発がん性物質の調査結果が、報告書とともに挙げられています。
発がん性物質数値検査の専門企業が協力することで、実際の使用環境を再現して、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、アクロレインなど発がん性物質の元となる成分の数値を検出し、食品分析センターでは対応していないVAPEに関する詳細な検査を行っています。

報告データの詳細は下記のページに公開されています。

JPvapor公式サイト/JFE分析結果公開ページ

また、JPvaporは、日本とアメリカに拠点があり、主にアメリカや中国などのVAPE製品製造メーカーと提携を図っており、商品管理も徹底しているとのことでした。
特にアメリカの製造工場は、世界的な品質管理基準であるISOの認証も得ていて、日本人スタッフによる管理も行っているようです。
中国のVAPEメーカー工場にも赴き、クリーンルームや作業の様子を撮影し、サイトに写真も掲載しています。

いまだ解明しきれていない電子タバコの健康被害について調査し、随時情報も更新してくれるようなので、リキッド式の電子タバコを吸いたいけれど成分が気になるという方には注目のメーカーではないでしょうか。

まだ未知数の電子タバコは今後の動向に注目

電子タバコ

健康被害の観点から、紙巻きタバコより比較的健康的な電子タバコに乗り換える方が増えていますが、何にしても用法と容量を守って使うのが大前提です。
タバコは簡単にはやめれませんが、健康は気になってしまいますよね。
特に電子タバコはまだ広まって年数が浅く、健康被害に関しては未知数の部分も多いので、各社が発表する情報やレポートを注視しながら、快適な喫煙ライフを送りたいものです。