来年度の税制改正で日本酒とワインの税率見直しへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来年度の税制改正で、「ビール系飲料」にかかる酒税の見直しと合わせて、日本酒がワインの1.5倍となっている税率についても、差を縮める方向で検討!

K10010184281_1508100437_1508100440_01_03

ビールの税率を引き下げ、発泡酒と第3のビールは引き上げる方向で見直す方針だそう。
これに合わせて、日本酒とワインについても、1リットル当たりの税率が、日本酒は120円、ワインが80円で、日本酒の消費が落ち込む要因の1つになっているとして、来年度の税制改正で、税率の差を縮める方向で検討する方針だそう。

日本酒とワインでこんなに差があったんですね!