最近の年末年始の過ごし方とその変化について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kagamimochiもうすぐお正月。1年は長いようで短い。そう感じませんか?
そして、昨今のお正月はお正月気分もそこそこな感じがします。コンビニは年中無休ですし、大手スーパーも元旦から営業。年末年始にお仕事の人もたくさんいるでしょう。
年末年始の過ごし方。約半数の人が年末年始は自宅でゆっくり過ごすといいます。裏を返せば、約半数の人が自宅以外の場所で過ごすということです。

年末年始を仕事以外の理由で自宅以外で過ごすことの理由について、もっとも多かった理由が「家族サービスのため、家族とゆっくり充実した時間を過ごすため」といった方々です。1年間の家族への感謝の気持ちの現れなのでしょう。

103次に多かったのが、「年末年始は違った場所で過ごしたい。」という人です。
年末年始はリフレッシュのために日常からかけ離れて新しい年とともに気持ちをリセットするのもいいでしょう。また、年末年始はもっとも寒い時期でもあり、あたたかい気候を求めて、海外へ脱出する人も多いようです。

ひとむかし前は年末は大掃除やお餅つきをし、大晦日にはおせち料理の準備、お正月は家族揃って初詣、という光景が一般的でしたが、最近では年末年始は関係なくお仕事の人もいますし、休暇を利用して旅行にでかける人が多くなりました。年末年始の過ごし方もだんだんと変わってきているようですね。こういった変化がお正月気分を薄れさせる理由かもしれませんね。