これで解決!?二日酔い予防の方法あれこれ

taisaku_a_03「なんであんなに飲んじゃったんだろう・・・?」
毎回同じようなことを思ってしまう飲み会後。二日酔いのお薬など買わなきゃダメ?いやいや、食べ物でも二日酔い防ぐのに充分に効果があるものが。こちらでその秘密をお教えしましょう!!

実は飲んでいる最中から気をつけられることがあるのです。
それは飲みながら何を食べるか?ということ。まさか空腹のままガンガン飲むなんてことはありませんね?それは二日酔いの元です!!飲む前から準備できること、飲んでる最中にできること。それらによってずいぶん二日酔いになるかならないかの確率が変わるのです。

20100224141757まずは飲むときに空腹のまま、喉が渇いたからといってジュースやお茶感覚で飲んでしまうのはNG。これは1番いけません。何かを食べながらお酒を飲むのが正しい飲み方です。
二日酔いには脂肪がキーワードになってきます。良質なオリーブオイルやバターが有効。前菜として食べるサラダにたっぷりとドレッシングがかかっていればそれでもオッケーです。
おつまみにはアセドアルデヒドの分解を助けるものが良いのです。是非種系のものやナッツ類を選びましょう。ゴマも脂肪分やセサミンが豊富で非常に二日酔い防止に効果が高いです。
料理が出てきたら豚肉、鶏肉を食べるのがおすすめ。遠慮せずにこれらをとります!!タウリン配合のイカやタコなどの魚介類も良いですね。

hty_healthya_00_img_l
しかし、いくら良いとされていても脂肪はカロリーが気になりますね。そんな方は「ヘルシア緑茶」などのカテキンをたっぷりと含んだお茶がおすすめです。これならカロリーを気にせずにカテキン効果で二日酔いを防ぐことができるのです!
大事なのは食べ物だけではありません。アルコールを沢山飲んでも水分は失われていきます。

不思議に思うかもしれませんが、アルコールには利尿作用があるので水分補給にはならないのです。飲んでいる人ほどトイレに立つ回数が多いのはそのためです。血液中のアルコール濃度をコントロールするためにも水分を取ることが大事です。ミネラルウオーターを飲みながらという方法は有効です。
飲酒の後にも充分にお水を飲みましょう。500ml位のお水やお茶を飲んでから寝ると次の日の朝の状態が良いので、是非試してみてください。

あとは何を飲むか?一般的に二日酔いしやすいのが日本酒やビール、ワイン、ウイスキー、テキーラ、バーボンなどです。逆に二日酔いしにくいのは焼酎やウオッカ、ラム、泡盛など。
意外にアルコール濃度高くて二日酔いになりそうなイメージのものが挙がっていますが、違うのですね。食べ物、アルコールの選び方で二日酔いを防ぐ効果があるなら取り入れてみる価値はありそうですね!