贈り方間違ってません?お歳暮の正しい贈り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_2-1

知っているようで意外と知らなかった正しいお歳暮の贈り方を知り相手に失礼の無いような対応ができるようになりましょう。

まずは持参する場合から。
持参する場合は大きく分けて2つのポイントに注意して下さい。

①朝早い時間帯や食事をしている時間帯は避け、午前10〜11時もしくは午後14〜16時くらいに訪問しましょう。
②事前に相手の都合を伺わずに急な訪問をする場合、訪問時間をあまりかけず玄関先で御歳暮をお渡しし、すぐに失礼するのがマナーです。

最近ではデパートやお店の紙袋も綺麗なデザインが多いのでそのまま持参しても良いのですが、正式には風呂敷に包みなおして持参するのがマナーです。
急な訪問の場合でも「これからお伺いしたいのですが」「玄関先ですぐに失礼しますので」と電話を入れてから伺う方がベターです。相手の方がお仕事をお持ちの場合は事前に休日を調べその日にあわせて伺うようにしましょう。

 

shina1本来は風呂敷に包んで持参するのが正式なマナーですが、場所が遠方であったり、なかなか時間がとれないなどの理由から最近は宅配便で送るケースも増えてきました。
ここからは郵送する時の注意点をお話します。
様々な理由でやむを得ず宅配便で送る場合も、送り状を郵送するのが正式なマナーです。
品物に同封するか、または品物が届くよりも早く「送り状」が届くようにしましょう。殆どの場合は品物に同封するかたちが多いようですが先に送り状が届く形の方がより気持ちが伝えられるでしょう。ちなみに「送り状」には日頃お世話になっていることへのお礼や、お歳暮を送ったということをはっきり書くようにします。

訪問する場合に置いても、郵送する場合に置いても大切なのは相手を敬う心です。何を贈ろうか迷う方も多いと思いますが一番大切なのはどんな気持ちを込めて贈るかです。是非参考にして頂ければ幸いです。