カロリー制限をせずに痩せるダイエット方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットの基本的な考え方はカロリーの摂取と運動によるカロリー消費のバランスであり、消費を摂取より多くすることが常識でした。
ただし、運動の苦手な人は結局、食事制限をしてしまい、その結果、筋力の低下、代謝の低下、疲労感、便秘などを招き、結果的に痩せにくい体質へ導いてしまうのです。
一時的に体重は減少しても、無理に減らした体重は元に戻そうとする自然の作用が働いてしまいます。
「痩せてはまた太る」の負のスパイラルから脱却するために、この低インシュリンダイエットを試してみるのはどうでしょうか。

 

Sponsored Link

 

インシュリンは食事をした際に取り込まれた糖を血液中や筋肉、肝臓に蓄えながら、血糖値を下げる働きをするホルモンの一種です。
余った糖はこれもまたインシュリンよって脂肪細胞に備蓄されます。
急激な血糖値の上昇は過剰なインシュリンの分泌を促し、結果、脂肪を貯めこんでしまうのです。
つまり、インシュリンの分泌を穏やかにすれば太ることはないのです。

では、どのような食品がインシュリンの分泌を穏やかにするのでしょうか。
一般的に主食の炭水化物は血糖値を急上昇させます。
たとえば、精白米は食後の血糖値を急上昇させ、インシュリンの分泌量も多くなります。
この精白米の量を半分に減らしたり、玄米に変えることで、血糖値の上昇を低く抑えられ、インシュリンの分泌を穏やかにすることができます。

この低インシュリンダイエットはインシュリンの働きの仕組みを知り、インシュリンの分泌を穏やかにする食品を摂取することで、カロリー制限を気にすることなく、ダイエットすることができるのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*