エボラ出血熱の原因はコウモリを食べる習慣にあり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

55453207_f5e2019de1

 

 

 

 

 

 

 

 

西アフリカから始まったエボラ出血熱は現在世界中の国で脅威となっているわけだがそもそも、このエボラ出血熱が発生した原因はコウモリにあるらしいのである。

 

 

エボラ出血熱に最初に感染したのはギニア東部郊外の村に住む2歳になる男児であるとみられている。


その原因は、彼がコウモリに咬まれたからだという調査報告がある。

エボラ出血熱には潜伏期間がありすぐに発病するというわけではない。


そのコウモリに咬まれた男児の母親もそれとは知らずに我が子と接触しているうちにエボラ出血熱に感染してしまったのだ。


それから1週間ほど経ってその親子は死亡してしまう。


このあたりの地域では、葬儀の際に遺体に触れるという習慣があるらしい。


そのためエボラ出血熱は、その葬儀に参加した近親者にまで感染していったのである。


こうして、エボラ出血熱はギニア一帯に拡大していったというわけであるが
その感染の拡大の早さを考えると原因はこれだけではないようである。

 


その大きな原因として挙げられているのがコウモリを食べる習慣があるからということだ。

西アフリカ地域では、普通にコウモリを食べる習慣がある。

日本人には理解できないかも知れないが、コウモリを食用としている地域は西アフリカ以外にもたくさんあるのだ。

問題は、その食用のコウモリがエボラ出血熱のウイルスに感染していたことである。

食用といっても、養殖しているわけではなく野生のコウモリを狩人が獲って来るわけでありそのコウモリが感染していることなど誰も知る由も無いわけなのだ。

 

 

コウモリなんか食べるからこんなことになるんだと非難しても仕方が無い。

これはこの地域の習慣であり食文化であるのだから。