男の育児は○○しろ!~ダメダメ編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主夫の実体験による、育児コラムです。

育児を初心者の男目線でお届けしています。

 

主夫のブログはあるけど、

なかなか初心者向けのものってないもんですね~。

 

主婦様も見てみたら楽しいかも?!

 

役立つ情報かどうかはさておき、主観的、ネタ的にお届けします!

 

 

 

今回は~ダメダメ編~です!

 

 

お子様に対して「ダメ」と言ったことはありますか?

 

 

いろいろなシーンで、「あぶないからダメでしょ!」とか、

「食べないとダメ!」とか、

よく言ってますよね~。

 

逆に、

お子様が「いや!ダメ!」なんて言ってるのも

よくあります。

 

batsu

 

 

ポイント1 我慢しない!

 

まずは大人が我慢するのをやめてみましょう。

子供は、全ての行動が遊びの延長にあります。

もともと子供にとって、「我慢」という概念がないのです。

 

子供目線になり、一緒に遊んでいる感覚が大事ではないでしょうか。

一緒に遊んでいる途中に、道を示してあげるということです。

 

子供にとって、

我慢 = 楽しくない なんですよね。

 

例えば、お菓子を例にとってみます。

 

さっき食べたばかりなのに、

どうしても欲しがっているお菓子。

ダダをこねて泣き出したりしますよね。→(ToT)

ここで、

「1個ってお約束だったよね?我慢しよっか?」

 

正直これだけでは難しいです。(ToT)

 

 

一緒に遊んでいる感覚で対応しましょう。

ザックリ説明しますと、

おちゃらけて他の遊びをはじめちゃえばいいのです。

いきなり手をとって、水性ペンで手の甲にアンパンマンを書き始めたり、

変顔付きで、「あ、あれも食べちゃおっかな~」なんて言いながら、

おもちゃを食べ(まね)始めたり、などなど。

一緒に遊んで、楽しい方に誘導していくわけです。

 

「我慢しよっか?」「我慢しようよ」という言葉は、

すなわち、

大人が楽しんでいないということになりますね。

子供目線からすると、

きっと楽しくないように見えてると思います。

 

 

ポイント1のまとめ

【大人が我慢せずに楽しむこと】

 

1313_b

 

 

ポイント2 正直に!

 

子供に正直に話すことはもちろんですが、

自分にどれだけ正直になれるかが重要なポイントです。

 

あなたは、

自分自身を褒めることができますか?

奥様や家族、他人のことを褒めることができますか?

 

 

『褒めるという行為は無条件である。』

誰が言った名言かは全く存じ上げませんが、

自分や他人を褒めることに、理由なんていらないっす

自分をしっかりと褒めることができないと、

自分に正直になることは難しいでしょう。

 

 

自分に正直でいないと、子供目線では

たいていバレます。

上記ポイント1のように、楽しくなさそうに見えちゃうんだと思います。

 

 

 

 

さて、ダメダメ編 いかがでしたでしょうか。

しっかりと正直になって、いかに子供目線で遊べるか。

全国の主夫様&主婦様、楽しんでくれましたでしょうか!