男の育児は○○しろ!~片付け編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抱っこヒモでお子様を背負っているパパさん、増えましたよね~。

スーパーやショッピングモール、

駅ナカや、電車の中など、

いたる街中で見かけるようになりました。

 

その中でも『主夫』の割合が急激に増えているそうです。

 

でも、

意外と主夫様向けの情報って少ないですよね。

男にとって、「いきなり主夫をやる」ことは、

いくつものハードルがありました。(実体験に基づきます)

そんな『育児、初心者主夫』のための男目線のコラムを書きます。

「主婦」様も、男目線の育児はどんなものか、ぜひ見ていって下さいね~。

あくまで主観ですので、

用法、用量はご自身の責任で行って下さいませ。

 

 

さて今回は、~片付け編~をお届けします。

 

 

 

「片付け」とは、

子供が遊んだ後のお片付けのことです。

なかなかやってくれないものですよね~。

口で言ってもほとんどわかってくれないし、

かといって強く言えばすぐ泣くし。(ToT)

どうやったらうまく片付けをさせることができるのか…。

 

 

レッスン1 一緒に遊べ!!

 

father

 

これができないと、片付けをさせることはほぼ不可能なのです!

つまり、

子供の「遊んでいる」という感覚、子供目線が理解できるかどうか。

これが重要なポイントになります。

 

例えば、≪積み木遊びのシーン≫だとすると、

≪一緒に積み木をして遊びました。

→ 時間になったので、お片付けを一緒にしようね。≫

Sponsored Link

正直、これでは難しいですよ!!(実体験です)

 

 

tumiki

 

子供にとって、

積み木をする前から(あとも)遊びなのです。

大人が積み木を準備してから、積み木で一緒に遊び、お片付けをして

なにか次の行動に移るまで。です。

 

 

お片付けも遊びですから、

大人が楽しんで片付けをしている姿を見せてあげればいいのです。

さらにお片付けをできたら褒める。

すると、

「自分が楽しく遊んでいたらなぜか褒められてなんだか嬉しいぜワーイw」

っていう気持ちになるわけです!

お片付け = 遊び = 楽しそう = やりたい

という方程式ができちゃうんです!

 

 

レッスン2 応用せよ!

 

 

 

そして、

一緒に遊ぶスキルが身に付き、子供目線がつかめるようになると、

いろいろなシーンで応用ができるようになります。

一番使えるシーンは『家事』です。

家事を遊びにします。

自分が家事をして、それを手伝ってもらいます。

一緒に遊んでいる感覚で、洗濯物を干したり、取り込んだり、たたんだり、

テーブルを拭いたり、などなど。

子供にとって遊んでいるのは楽しいもんです。

そういった楽しみをつくってあげると、

進んで片付けたり、手伝ってくれたり、しちゃうんです。

 

 

 

このように、

「片付け」には、育児の重要なポイントが隠されていました。

ぜひ実践してみたらいかがでしょうか!

主夫様、主婦様も、健闘を祈ります!

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*