歯のヤニ取りにはどんな方法が効果的?歯医者で取ると料金はいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

煙草を吸っている人は、歯のヤニって気になりますよね。

歯に付いてしまったヤニ取りって簡単には出来ません。
紙やすりやフォークなどで歯を削って白く見せるヤニ取り方法をする人もいるんだとか…。
筆者は歯医者さんで削ってもらうのも怖いと思ってしまうので、自分で紙やすりやフォークでヤニ取りなんて想像しただけで寒気がします!!!!

長年喫煙していると歯にはたくさんのヤニがついてしまいます。ぺったりと付いたヤニを歯医者さんでヤニ取りをする方法を選ぶ人も多いようです。
でも、歯医者さんで歯のヤニ取りをしてもらうのに必要な料金や時間はどれくらいなのでしょうか?

今回は煙草のヤニ取りの効果的な方法と歯医者さんでのヤニ取り方法について調べてみました!

歯にヤニが付く原因からヤニ取りの効果的な方法を探す!

tooth with smoke problem

そもそも、歯にヤニが付くメカニズムは何なのでしょうか?

人の歯はペリクルというタンパク質で覆われています。ペリクルは熱い食べ物や冷たい飲み物などの刺激から歯を守ってくれています。
しかし、ペリクルは粘着性のある成分で、菌や歯のステインの原因になる着色成分と結合してしまいます。煙草のタールという成分とくっ付いてしまう効果もあり、このペリクルとタールが結びついて出来たものが歯のヤニになるのです。

固まってくっ付いてしまったヤニは簡単にはヤニ取り出来なくなってしまいます。

効果的な方法その1 歯医者さんで歯のヤニ取り

pixta_24739563_M

歯のヤニ取りで最も効果的でオススメな方法の一つが、歯医者さんで行うヤニ取りです。

歯医者さんで行う歯のヤニ取り方法のポイントは主に「歯石と着色の除去」「ジェットパウダーを使った歯の洗浄」「歯のクリーニング」です。
歯医者さんによって設備やヤニ取りのメニューが変わってくるので、HPで事前にチェックしたり問い合わせてヤニ取りの相談をしましょう。

ヤニ取りを歯医者さんで行う場合、大体30分から1時間ほどかかります。ヤニや汚れの度合いなどにもよりますが多く見積もって1時間前後だそうです。

また、歯のヤニ取りにかかる料金も3,000円から5,000円ほど。意外とリーズナブルですが、こちらも歯医者さんによって変わってくるので、事前によく確認してからヤニ取りしてもらうのが良いでしょう。

ですが、歯医者さんでヤニ取りをしてもらう方法は保険適用外になる歯のクリーニングがあります。
高圧塩水のジェットパウダーをかけるだけでヤニ取りには十分な効果がありますが、それだけだと歯の表面がざらついてしまい、表面の凸凹にヤニや汚れが付きやすくなってしまうんだとか。

歯のクリーニングを行うと、ヤニ取りの際に出来た歯の表面の凹凸を減らしてツルツルにし、ヤニや汚れが付きにくくなる効果が期待できます!

保険適用外になってしまいますが、歯医者さんで行うヤニ取りには「歯のクリーニング」を取り入れることをオススメします。

効果的な方法その2 自分で行う歯のヤニ取り

Electric toothbrush

歯医者さんに行く為のまとまった時間が取りにくい人もいますよね。歯のヤニ取りを自分で出来る効果的な方法は無いのでしょうか?

自分で歯のヤニ取りをするのに一番効果的な方法は「電動歯ブラシ」を使うことです。
最新の電動歯ブラシには音波水流や3D丸型回転という特殊な動きをする物があり、歯医者さんも電動歯ブラシでのヤニ取り方法を推奨しています。

更に、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する方法もオススメです。ヤニ取りに特化した歯磨き粉も販売されているので、自分に合ったものを使用するのが良いでしょう。
しかし、ヤニ取りの歯磨き粉は研磨剤の力に頼って歯の表面を必要以上に削ってしまう場合があるので、注意が必要です。歯にダメージを与えてしまうので研磨剤で歯を強く磨くという方法はオススメできません。

また、歯を白くするホワイトニングジェルは研磨剤が入っていないうえに、ヤニを浮かせてはがしてくれるので効果的なヤニ取り方法とも言えます。

自分で歯のヤニ取りを行う際は、歯を傷付けないようにしてください。

オススメの歯のヤニ取り方法と効果的なヤニ予防

Toothbrush in woman's hands on gray

いかがでしたでしょうか?歯のヤニ取りには様々な方法があります。

一番オススメのヤニ取り方法は歯医者さんで歯のヤニ取りをしてもらいながら、自宅でも自分で歯のヤニ取りやケアを行う方法です。

自分で歯のヤニ取りやケアをしておけば、歯医者さんでヤニ取りをしてもらう際にも効果が出やすくなりますし、綺麗な歯を保つためにも重要です。

また、歯にヤニが付きにくくするために予防をしておくのも良いでしょう。
煙草を吸った後に軽く口をゆすいだり、ガムを噛んでおく方法でもヤニ汚れが歯に付くのを防ぐことが出来ます。

ヤニが付着しないようにするためには煙草を吸わないのが一番ですが、禁煙が難しいという方は電子煙草に変える方法もオススメです。
電子煙草は通常の煙草に含まれるタールやニコチンが含まれていないので、歯にヤニが付かずに済みます。

求めている歯の白さなどに合わせて、自分に合った効果的なヤニ取り方法を選んでみてください。